BLOG
広告

広告会社ってどんな仕事をしているの?

初めまして、フィーチャー.LLC副代表の南です。

みなさん、突然ですが、広告会社ってどんな仕事をしてるかご存知ですか??
俗に言う広告代理店、広告会社は、メディア(TV、ラジオ、新聞)などの広告枠をクライアントに販売して、手数料を貰うという形がビジネスモデルでした。しかし、インターネットの普及や媒体の種類の増加(フリーペーパーや専門雑誌、SNSなど)により広告会社の機能が変わってきています。

広告会社をパートナーにするメリット。


福島県で企業周りをしていると、チラシ制作は印刷会社に、雑誌広告は出版社、TVCMはTV局、看板は看板屋さんなどそれぞれ取引されている事がとても多く、広告会社自体、あまり馴染みがないクライアントさんが多いのではないでしょうか?
これは福島県の市場が少し影響していて、もともと福島には広告代理店や広告会社が少なく、それぞれに特化した取引会社にそれぞれ仕事を出す!という流れがメジャー化し、現在もその文化が根強く残っています。

でも、これってとても手間がかかりませんか??

それぞれに担当営業マンがいて、キャンペーンや、何かイベントをやる際に各社に連絡しなければならない、、、
電話やメールも取引会社が増えれば増えるほど時間も手間もかかります。
この手間を一気に解消できるのが僕ら広告会社をパートナーにする一番のメリットなんです!!
窓口を弊社に一本化すれば、広報担当の方は、業務連絡も担当1名だけで済みます。オペレーションの負担が大幅にカットできる。これが広告会社をパートナーにする御社に対するメリットです。

コストも実はカットできる可能性。

でも、間に広告会社を入れたら、コストがかかるのでは??
マージンが乗せられ、手間賃分コストがかさむと思われがちですが、逆にカットできる可能性もあるのです。
各企業にデザインの制作などをそれぞれで手配すると、作り手もそれぞれ、技量の差も大幅に出てくるためクリエイティブの質は保たれません。更に各企業ごとに作業費がかかり結果コストが高く、広告の質まで落ちる最悪のパターンに陥ります。
クリエイティブも一社でまとめて制作すればクオリティに差も出ず、デザインの作業量も減るのでコストも下がります。
実際に今までバラバラに発注していたイベントの広告プロモーションの案件を弊社でまとめてお見積りを出してみたらトータルコストが30%以上カットできた!そんなクライアント様も実際にいらっしゃいます。
手配する時間も、コストもカットできれば、今までできなかった広告展開を模索したり、広告効果の検証としてデザインを複数制作して比較検討をしてみる。なんてこともできますよね。

御社の広告プロモーションに対して広告のプロとしてアドバイスができる。

弊社はクライアント様の販促活動を最大化させるために広告設計を行います。
デザインの改善、媒体出稿のコントロール、新しい広告商材のご提案など、媒体社や印刷会社と全く違う切り口でアドバイスし、効果が無いものは、はっきりと「効果がないのでやめましょう!」と常に広告の効果に焦点をおいてご提案いたします!!

ここまで広告会社をパートナーにするメリットを書いてきましたが、下記に一覧でまとめてみました。

・広報担当の業務発注や制作管理を一本化できる
・クリエイティブ(デザイン)の質、ブランディングの統一ができる。
・トータルコストが下がる可能性がある。
・効果重視の提案で広告効果の最大化を計れる。

 

まずは、「こんな事やりたいんだけど、どうしたらいいだろう?」「今の広告展開に対して何か改善点ありますか?」「毎年広告展開がルーチン化していてこのままでは不安」などお気軽に広告に関する事ご相談ください!
他社の事例など、ブログでは書けない情報共有などもいたします。

Share
  • hatebu
  • LINEでシェア

デザイン制作・WEB制作など広告やPRでお困りの方、
お気軽にご相談ください。